Internet Explorer でご覧の場合、IE8以降のバージョンでご覧下さい。

尾北歯科医師会について

尾北歯科医師会について

ご挨拶

この度は、一般社団法人・尾北歯科医師会のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 尾北歯科医師会は愛知県江南市、岩倉市、丹羽郡大口町の2市1町の歯科医療機関より成り、地域の皆さまの歯とお口の健康を守るお手伝いをしたいと願う歯科医師の団体です。

 本会は江南市61名、岩倉市25名、大口町9名の合計95名、85医療機関(うち病院歯科 江南厚生病院歯科口腔外科、さくら病院口腔外科)(平成29年7月30日現在)で構成されています。

 この地域は名古屋への通勤・通学の利便性が高く、自然が豊かで名古屋のベットタウンとして今後の発展が期待されている地域です。

 本会は、昭和22年に丹羽郡歯科医師会として発足し地域の皆さまの健康を守る事を目的として活動してまいりましたが、発足66周年となる平成26年4月より「一般社団法人・尾北歯科医師会」として新たにスタートいたしました。一般社団として今まで以上に、地域の皆様の健康を守るため取り組んでいきたいと考えています。

 歯とお口の健康は、「美味しく食べること」「素敵な笑顔」「楽しい会話」など、毎日の生活と関わり、生きてゆく力や喜びをもたらします。
皆さんご存じの「8020運動」、80才で自分の歯を20本残そうという運動は30年前に始まりました。運動発足当時の8020達成者は7%でしたが、現在では50%を超える方が8020を達成しています。この事は多くの方が歯と全身の健康の関係を理解していただき、若い世代から日常の歯のお手入れと治療を実践していただいた結果だと考えられます。

 尾北歯科医師会では、行政と協力して胎児期、乳幼児期、学童期、成人期、高齢期に渡る全てのライフステージに合った、さまざまな歯科保健事業を実践しています。
 また、今後さらに増加してくると思われる在宅での医療に対し多職種協働チーム医療に参画して、地元医師会、介護関係の方々との連携を密にとり、通院できない在宅患者の方のための在宅訪問歯科診療を行っています。

 最近の研究で、歯周病が全身の健康にも深く関係していることが明らかになってきました。糖尿病や心筋梗塞・細菌性心内膜炎などの循環器疾患そして骨粗鬆症などの全身疾患や早産・低体重児出産との関連性も指摘されております。
 歯周病の治療には、早期の発見と定期的な検査と管理が大切です。歯周病の治療を含め、お口の健康を守ることは、健康寿命の延伸にもつながる事になります。
 また、口腔のケアが不十分であると唾液と共に口腔内の細菌を誤飲し「誤嚥性肺炎」を引き起こす事も分かっています。お口の健康を守ることは全身の健康につながっていきます。

 日本人の平均寿命は現在男性79歳女性86歳です。一方健康寿命は男性70歳女性73歳と言われています。平均寿命と健康寿命の差、男性9年、女性13年は介護または疾病治療を受ける期間と考えられます。言い換えれば日本人は晩年に平均的に男性は9年間女性では13年もの間、入院または自宅介護を受けている事になります。この期間を極力短くして最期まで健康な生活を送っていただくには健康寿命の延伸が必要です。お口の健康と全身の健康は密接に関連しています。歯と口の健康を守ることが健康寿命の延伸には非常に重要と考えられています。
 
 尾北歯科医師会では、地域の皆さまが「歯と口の健康づくり」を通し、質の高い生活を送って頂けるように今後とも努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

会長写真




平成29年7月1日
一般社団法人・尾北歯科医師会 会長 小岩井 浩

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional